大切な家族の一員!ペットと長く過ごすために知っておく事

ペットのしつけは簡単

ペットのしつけは簡単

近所にペットの散歩に連れていってみると、しつけのできているペットとそうでないペットは一目瞭然です。

 

しつけができていないと、近づくだけで吠えかけられ、ひどいときには噛みつかれることもあります。

 

そのようなペットを飼っておられる方は、しつけが難しいと感じるかもしれませんが、実はペットのしつけはそれほど難しいものではないのです。

 

しかし、その環境のまま生活していたペットについては強制することは難しいといえるでしょう。

 

まずは、雨と無知を使い分けるようにするのがいいでしょう。いいことをしたときにはご褒美を上げて、悪いことをしたときにはしっかり叱る。

 

これは子育てと共通していることだと思われます。

 

また、ペットは周りの人間に順位を付ける傾向があります。同じ家族でも、いうことを聞く人間と効かない人間にはっきり分かれるものです。

 

ペットが何を考えているかは、到底わかるものではありませんが、それをくみ取ろうとする姿勢を示すことでも、ペットとの信頼関係を築くことができるものです。

 

私の場合は、ペットが病気になった時に親身になって看病した経験があります。それまでは、私のいうことはあまり聞かなかったのですが、病気が治ってからというもの、私にはとても甘えるようになり、しつけも簡単にできるようになったものです。

 

ペットの薬を購入するのにお勧めなのが、個人輸入制度です。海外の医薬品を安く購入することができるので、病院で処方してもらうよりも安い価格で購入することができました。

ペットの病気

ペットの病気

大切に買っているペットが病気になると、動物病院に診察に行ったり、医薬品を用意したりと、お金も時間もかかってしまいます。

 

いつも元気に過ごしていたペットの様子がおかしいと感じるとすぐに病院に連れていくことができるご家庭は少ないものです。まずは費用と苦労がかかるために様子を見る人がほとんどです。

 

ワクチンなどで狂犬病などは予防することができますが、それ以外のワクチンを打っていなければ、たくさんのペットの病気と向き合う必要があるのです。

 

そうならないためにも、日頃からの病気の予防はとても重要なことです。食事や散歩などの運動だけでは、ウィルス性の病気や、虫を媒体とする病気からは無防備だといえるでしょう。

 

私が利用しているペットの病気の予防薬は、海外から取り寄せています。実は、日本の動物病院が処方しているものと同じ成分なのですが、海外では安価で出回っているケースが多く、家計の節約にもなっているのです。

 

取り扱っているサイトは、個人輸入の手続き代行であるペットくすりというところを利用しています。もう何年もお世話になっていますが、薬に関するトラブルなどもなく、十分満足できるものです。

 

デメリットとしては、届けられる医薬品の説明書が外国語表記であるために、理解ができないところです。しかし、一度使用したことがあるものなら、使い方なども日本のものと同じなので、問題はないと思います。

ペットから変なにおいがした

ペットから変なにおいがした

毎日一緒に過ごしているペットはとても大切な存在です。あるときには、ストレスのたまった日常生活から解き放ってくれます。またある時には気分が落ち込んだ時の良き話し相手でもあります。

 

散歩などに連れていっている時に、ペットの体からいつもと違うにおいを感じることがありませんか?それはもしかしたら皮膚病の兆候の表れかもしれません。

 

人間でもそうですが、皮膚病にかかりそのままおふろにはいらずにいると、幹部から変なにおいがすることがあります。人間に関しては、清潔にしているためににおいが気にならないケースがありますが、ペットの場合は毎日お風呂に入らないことが多いために、においが気につきやすいのです。

 

また、中耳炎などで耳の中が炎症を起こしていると、ペットの耳から変なにおいがすることがあります。

 

このように、ペットから変なにおいがするということは、何等かの症状が起こっていることが想定されます。

 

皮膚炎に効く医薬品としてアトピカやアイチュミーンという医薬品があります。これらの医薬品は動物病院でも処方されますが、海外から取り寄せることも可能です。

 

ペットの病気に対処する方法は飼い主によって様々です。ペットの医薬品を使用するのに抵抗を感じる方もおられるようですが、やはり、早期に投薬や治療を始めることで、重症化を防ぎ、ペットの寿命が延びるので、結果的にペットを大切に扱っているということになるのです。